忍者ブログ

たちまち開き直る勇気

福島の春を迎えに

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

福島の春を迎えに

ミシガンの2月はシャレにならないと地元の人が言うので、どれだけのものかと思いきや、マジでシャレにならなかった。零下27度…睫毛がバリバリした。積雪も40センチぐらい一気に積もった日があって、その後も1週間は降雪があり、ダンナさんと二人で日に2度雪かきをした謝師宴 化妝 髮型

雪かきというのは孤独な肉体労働だな、と思った。ひたすらショベルを動かしながら凍えないように体温を上げる。作業をしながら、そう言えばこのブログ始めた時に感じたことだったな、ということを思い出した。雪が積もって、世界から切り離された空間に取り残される感覚に抵抗しようとする自分を。我執が強いんだろう。

そんな2月も終わり、3月に入ってから俄然春めいてきた。気温が上がってきて、雪があっという間に溶けていく。雪かきに必死になっていた我々をあざ笑うかにように。雪下に隠れていた草や土の匂いを嗅ぎとった愛犬たちは、泥まみれになりながら裏庭を駆け回っている。荒い息も白くない。陽光に含まれる栄養素は無色だ<避孕 藥

あと少しで木々に芽吹きが訪れる。咲き誇るだろう近隣の街路樹のピンクの花を想像しながら散歩する。そして、それを実際に眺める機会は何年か先になるだろう、と思う。かわりに、今年も福島の春を迎えに行く。息子の福島留学はしばらく続きそうだ。本人の意思も固い。

また春が来て、追悼の念を新たにする。帰郷に重ね、風の中の御霊たちに深く頭を垂れるものである。数百年の歳月をかけた闘いの前線に立ち続ける人々の暮らしに寄り添いながら、自分にできることを考え、行動したいと思う海外僱傭中心
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R