忍者ブログ

たちまち開き直る勇気

好きすぎては、いけない

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

好きすぎては、いけない

ふと思い出した。

小学生の高学年の頃、1つか2つ学年が下の男子、オカダ君が好みだった認知能力
といっても、せいぜい彼も、当時小学校3年生ぐらい。おこちゃま。
オカダ君と同じクラスのマツモト君は、色白、目がぱっちりのかわいい男子だったが、
その、かわいいマツモト君よりも、オカダ君がよかった。
オカダ君は、色が黒くて目が細かった。

その後、私は中学1年の時、先輩(当時中学3年)に一目ぼれ、
初恋、告白、即日、初振られ失恋。
彼も、色が黒くて細身、目も細かった。

俳優で言えば、綾野剛。

ああいう顔、好きなんですね、わたし。

以後、人生で一度もああいう顔の男性とは縁もなく、お付き合いもせず、今日に至る。
ジャンル分けすると同じ醤油顔でも、向井理のような美形よりも、
ちょっと影があるほうが好きなのだけれど、(醤油よりも、塩顔っていうらしい)
それが、どうした?という、どうでもいい話だが。


店などを経営する場合でも、インテリアや、食器、備品等にとことん気合を入れて、
ターゲットを絞り込んだ戦略ならまだしも、
たんに自分の趣味を追究しすぎると、
お金をかけすぎて道楽的要素が強くなり、合理的な経営ができなくなる。

モノもヒトも、日用品としての実用向きと、鑑賞用としての趣味追究向きに分かれる。
現実において、
冷静を保つためには、好きすぎて、没頭して、理性を失うほど熱を入れないこと。
溺れると身の破滅を招く謝師宴 化妝

なにごとも、ほどほどがよい。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R