忍者ブログ

たちまち開き直る勇気

迷惑掛けて

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

迷惑掛けて

司と優紀が幸せに結婚するものだと信じてた。
私が自殺未遂を図ったのに、死にきれず生き残ったせいなの?

優紀はどう思ってるの?あの手紙は読んでくれたのよね?
つくしはどうする事も出来ないくせに、このまま優紀を放って置く事は出来ない。
きっと優紀は私に救いを求めて・・・。
空港で待っていたに違いない・・・優紀が私みたいに自殺等考える筈はないけど
何故か気になる・・・。つくしは優紀に聞いてた住所に行く事にした。

そのアパートメントに着いたのは夜の9時を過ぎてた。
優紀はまだ戻ってないのだろうか?
それにしても・・・。どうしてこんな場所に優紀は住んでるの?
ダウンタウンに近いこの場所は・・・治安が良くない。
良くないと言うより、最悪だ。女一人で暮らすなんて無謀すぎる。
道明寺に入社した、私達女子社員は特に住む場所に注意するように言われてる。
この国では、レイプや殺人、強盗等日常茶飯事なのだ・・・。

つくしが、優紀の部屋の前に居るだけで、もう何人もの男達がつくしを
品定めするように見ている。こんな危険な処にどうして?
いつ襲い掛かり、殺されるか分からない場所なのだ。
昼間に逢えるかを書いたメモを残して、つくしはホテルに戻る事にする。
路地を抜けた処で3人の男達が女を襲ってるのが見えた。
あれは?優紀・・・。

つくしは大声でFire!Fire!と騒いだ。(火事!火事!)
こういう場合、強盗とかCOP!(警察)などと騒ぐと危険なのだ。
火事と言われて、知らない顔をする人は居ない。

男達はその声に驚き、優紀をその場に残し逃げて行く。
男達に服を破かれて、バックは持って行かれたようだ・・・。

「優紀、大丈夫?」

「つくし・・・。どうして?」

「あんた、どうしてこんな処に住んでるのよ。あれ程住む場所は気を付けろと
言われたでしょう!怪我は無いの?兎に角ここは危険よ。
私の泊まってるホテルに行きましょう。」
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R